高脂血症を予防改善する野菜

高脂血症を予防改善する野菜

スポンサード リンク



 

薬になる野菜

 

 

 

こちらでは、高脂血症の予防・改善効果がある野菜などをご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

高脂血症とは

コレステロールや中性脂肪が多い状態のことで、中性脂肪が過剰であれば様々な病気の原因となります。ちなみに、高脂血症の原因は、運動不足・過食・アルコールの飲み過ぎ・遺伝などとされています。

 

コレステロールとは

コレステロールと聞くと、「体に悪いモノ」「肥満の原因」など悪いイメージしか思い浮かばない人は少なくないようですが、コレステロールは体にとって非常に大切な成分です。コレステロールは、細胞やホルモンなどを合成する材料として非常に重要な役割を担っており、コレステロールが不足すると「健全な細胞の維持ができなくなる」「免疫力低下」「神経伝達異常」「消化不良」などが起こります。従いまして、コレステロールは生命維持には不可欠なモノと言えます。ちなみに、日本動脈学会によると、血中コレステロール値は220mg/dlが適正値とされています。

スポンサード リンク


中性脂肪とは

体の主なエネルギー源は、ブドウ糖と遊離脂肪酸(脂肪が分解したモノ)ですが、それらがエネルギーとして使用されなかった分は、肝臓で中性脂肪として合成され脂肪細胞に蓄えらます。そして、栄養が不足したり激しい運動をしてエネルギー不足となったとき、中性脂肪は遊離脂肪酸に分解されエネルギー源として活用されます。なお、血中の中性脂肪酸が多くなると、肥満(メタボ)につながるだけでなく、インスリンの働きを妨害するため、血糖値が下がりにくくなり糖尿病になる可能性が高くなります。

 

血液に含まれているコレステロールの2〜3割は食品から摂取したモノで、7〜8割が主に肝臓で合成されています。高脂肪・高カロリーの食事ばかりしていると、コレステロール値が高まり血管の内壁に付着し、血管の柔軟性が奪われ血液の通り道が狭くなります。そのような状態と動脈硬化と言い、それが進行すると心筋梗塞・脳出血・くも膜下出血・糖尿病・腎臓病・肝臓病などを引き起こします。

 

善玉コレステロールは、悪玉コレステロールを退治する作用がありますが、その善玉コレステロールの作用より悪玉コレステロールが酸化する力の方が強く、中性脂肪は悪玉コレステロールを増強させる作用があります。それら痛みなどを伴わないため自覚症状がなく、規則正しい生活をしていなければ何らかの病気が酷くなるまで気づくことができません。そのため、普段から適度な運動と正しい食生活が必要で、悪玉コレステロールの酸化を防いで善玉コレステロールを活性化させなければなりません。

 

悪玉コレステロールの酸化を防ぐためには、赤ワインなどに含まれているポリフェノールや抗酸化ビタミン(ビタミンC・ビタミンE・β-カロテン)などが有効です。なお、コレステロールの多い食品(卵・鶏レバー・イクラ・牛すじ肉など)や高カロリーの食品(牛肉・チーズ・生クリームなど)などの摂取を控えても、コレステロールは体内で糖質・タンパク質・脂質から合成されるため、運動不足はコレステロールが過剰になりがちです。従いまして、食事の量を制限すれば良いのではなく、栄養バランスを考えた食事をすると共に適度な運動も必要です。

 

高脂血症を予防・改善に有効な野菜

 

ゴボウ

ごぼう

ゴボウの食物繊維は野菜の中でもトップクラスで、カルシウム・マグネシウム・カリウム・リンなどをバランス良く含んでいます。なお、リグリンやセルロースなどの食物繊維は、腸を清掃するため便通を良くし、コレステロールを便に吸着させて排出させる働きがあります。しかも、発がん物質も吸着させるため、大腸がんの予防も期待できます。ちなみに、食物繊維のイヌリンには、利尿作用があり腎臓機能を高め体のむくみを取る作用があり、動物性脂肪の吸収を妨げ、糖分の吸収を遅らせて血糖値の上昇を抑えてくれます。そのため、ゴボウは高脂血症だけでなく、生活習慣病全般の予防に欠かせない野菜と言えます。

 

椎茸(シイタケ)

しいたけ

椎茸に含まれているエリタデニンという成分は、椎茸だけに含まれる成分で高血圧や動脈硬化を予防改善する効果があるとされており、エリタデニンが体内に入ると悪玉コレステロール値を下げ、善玉コレステロールを活性化させます。他には、抗がん作用のあるβ-グルカンやレンチナンや、紫外線に当たるとビタミンDに変わりカルシウムの吸収を助けるエルゴステリンも含まれており、コレステロールや発がん物質を吸着させ排出させる食物繊維も豊富に含まれています。ちなみに、椎茸は生より干したモノの方が4〜10倍ほど栄養価が高いとされています。

 

上記の他には、山芋・大根・ニンジン・マイタケ・里芋・タマネギ・ニンニクなども高脂血症の予防改善に有効な野菜です。

スポンサード リンク



 

 

 

 

 

高脂血症を予防改善する野菜関連ページ

ストレス緩和に有効な野菜
ストレスを溜め込むと、うつ病や不安障害など様々な病気を引き起こしてしまいます。そうならないために、ストレス緩和に有効な野菜の摂取は大切です。例えば…
アレルギー体質に有効な野菜
アレルギーと免疫は深い関係があり、免疫のバランスが崩れるとアレルギー症状が発症率が高まります。そのため、こちらではアレルギー体質に有効な野菜をご紹介しております。
高血圧に効果がある野菜
高血圧は、様々な病気になる要因となります。ただ、様々な野菜の薬効によって、高血圧を予防改善することが可能です。例えば…
肥満の予防改善効果のある野菜
食事を食べたり食べなかったりすると、体はいつエネルギー補給できるのか分からないため、エネルギーを蓄えるために脂肪を溜め込もうとします。従いまして、不規則な食生活をしていると肥満(メタボ)に繋がります。肥満の予防改善に効果がある野菜は…
動脈硬化予防に効果のある野菜
動脈硬化が進行し、脳の血管が血行障害を起こした場合、手足のしびれ・頭痛・記憶力低下に繋がります。しかも、脳内出血した場合は生命の危険があります。そのため、動脈硬化予防に効果がある野菜を積極的に摂取し…
糖尿病予防効果のある野菜
糖尿病は、一般的に完治しない病気とされています。だからこそ、糖尿病予防は大切なのです。ただ、適度な運動と食生活を改善すれば、糖尿病は予防できます。例えば、糖尿病予防に効果のある野菜は…
がん予防効果のある野菜
体内の活性酸素が増えすぎると、体がサビついてきます。それを防止するには、抗酸化作用のある栄養素を採り入れる必要があります。抗酸化作用のある栄養素を含んだ食材には…