動脈硬化予防に効果のある野菜

動脈硬化予防に効果のある野菜

スポンサード リンク



 

薬になる野菜

 

 

 

こちらでは、動脈硬化に効果がある野菜をご紹介しています。

 

 

 

 

血管には動脈と静脈があります。動脈は、酸素や栄養分を全身に届ける働きがあり、静脈は体内の老廃物や二酸化炭素を取り込み、それらを肺や腎臓に送り尿や呼気によって排出させる働きがあります。それを365日24時間休みなく行っているため、加齢とともに働きがにぶくなっていくのは仕方のないことです。ウィリアム・オスラー医師(カナダ)は、「人は血管と共に老いる」という名言を残したくらいですから…。

 

動脈硬化予防の説明@

年中無休で酷使され続けた血管の内壁は、血栓やコレステロールのアカが付着していきます。そして、それらが溜まることによって血管の硬化が進行していきます。ただ、人によってアカの溜まり具合は大きく違っています。

 

血管が硬化しやすい人とは、高脂血症(血液中に脂肪分が多い)・高血圧(血管壁に圧力が掛かる)・糖尿病などの生活習慣病の人たちです。あと、過労・ストレス・飲酒・喫煙・肥満なども血液硬化を加速させる要因とされています。

 

血管の硬化が進行した場合、血管の柔軟性が無くなり血管の内壁に老廃物が沈着するため、血管の通り道が狭くなり、動脈硬化・血管亀裂による出血や血行障害などを引き起こす可能性があります。

 

なお、動脈硬化の人の血液は、水分が少なく赤血球が多いため粘着性があり、一般的に「ドロドロの血」と言われています。そのようなドロドロの血液が血管を流れると、血管の老化が進行すると同時に、栄養分や酸素が潤滑に行き渡らなくなるため、様々な慢性疾患などの病気を引き起こす可能性が出てきます。

 

ちなみに、一般的に「脂肪は体に良くない」というイメージが強いようですが、脂肪によって体に与える影響は全く違います。例えば、乳製品・肉の脂肪などはコレステロール値を上げる飽和脂肪酸と呼ばれる成分を含んでおり、青魚の脂肪分や植物油などはコレステロール値を下げる作用がある不飽和脂肪酸と呼ばれる成分を含んでいます。ただ、旬の新鮮な魚ほど効果が高いとされていますが、干物は脂肪が多く、しかも劣化した干物は過酸化脂質が増加するため食べ過ぎに注意する必要があります。

動脈硬化予防の説明A

スポンサード リンク


ドロドロの血液を改善する方法

@不飽和脂肪酸(リノール酸・オレイン酸・DHAなど)を摂取する。
Aコレステロール摂取量を1日300mg以内にする。
B過酸化脂質が多いインスタント食品の摂取を減らす。
C動物性脂肪(肉・バターなど)を控えめにする。

 

不飽和脂肪酸が不足した場合、血中コレステロール値が上がり動脈硬化が進行します。逆に、リノール酸・オレイン酸・リノレン酸・アルファリノレン酸・EPA(イコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸を積極的に摂取することで、サラサラの血液にすることが出来ます。

 

動脈硬化予防に効果がある野菜

ニンニク(大蒜)

ニンニク(大蒜)

ニンニク・ネギ・タマネギには、メチルアリルトリスルフィドと呼ばれる成分が含まれているため、血管内で血液が固まるのを防ぎ、抗血栓効果(血栓を予防する効果)が期待できます。ちなみに、ニンニクの血栓予防効果は特に高いとされています。

 

タマネギ

タマネギ

ネギ類には、アミノ酸からなるグルタチオンと呼ばれる成分が含まれているため、解毒効果や酸化防止効果があり、動脈硬化のリスクを下げると言われています。ちなみに、タマネギは、他のネギ類より豊富にグルタチオンが含まれています。なお、湿って刺激臭が少ないタマネギは薬効が減っており、タマネギを水に長時間さらしてしまった場合は薬効が無くなってしまいます。

 

クレソン

クレソン

クレソンには、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄分などが含まれており、しかも強い抗酸化作用のあるβ-カロチンが豊富に含まれています。そのため、血液をサラサラにする作用によって、動脈硬化・高脂血症・ガン予防の効果が期待できます。なお、クレソンの辛みはイソチオシアートと呼ばれる辛味成分によるもので、その成分の作用によって、口臭予防・消化促進・血液酸化予防などの効果も期待できます。ちなみに、クレソンは生で食べることが出来るため、熱に弱いビタミンCの補給にも適しています。

 

ワサビ

ワサビ

ワサビの辛味は、イソチオシアネートと呼ばれる成分によるモノで、ワサビをすりおろすことによってイソチオシアネートは辛し油を生成します。それによって、代謝促進・免疫力アップ・コレステロール値低下などの作用が働くため、動脈硬化の予防に繋がります。ちなみに、ワサビには強力な殺菌作用があるため、病原性大腸菌O-157中毒・腸炎ビブリオ菌・サルモネラ菌などを抑制する効果があります。ちなみに、ワサビにはタンパク質・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・カルシウム・カリウム・鉄・食物繊維などもバランス良く含まれています。

 

上記以外には、モロヘイヤ・大根・ピーマン・しいたけ・キャベツ・ブロッコリー・オクラ・ホウレン草・茄子・ゴボウ・アスパラガスなども動脈硬化に有効とされています。

スポンサード リンク



 

 

 

 

 

 

動脈硬化予防に効果のある野菜関連ページ

ストレス緩和に有効な野菜
ストレスを溜め込むと、うつ病や不安障害など様々な病気を引き起こしてしまいます。そうならないために、ストレス緩和に有効な野菜の摂取は大切です。例えば…
アレルギー体質に有効な野菜
アレルギーと免疫は深い関係があり、免疫のバランスが崩れるとアレルギー症状が発症率が高まります。そのため、こちらではアレルギー体質に有効な野菜をご紹介しております。
高脂血症を予防改善する野菜
コレステロールや中性脂肪が多い状態を高脂血症と呼んでいますが、コレステロールは体に必要な成分です。ただ、多く摂りすぎると肥満になるだけでなく様々な病気の原因となります。その高脂血症を予防改善してくれる野菜は…
高血圧に効果がある野菜
高血圧は、様々な病気になる要因となります。ただ、様々な野菜の薬効によって、高血圧を予防改善することが可能です。例えば…
肥満の予防改善効果のある野菜
食事を食べたり食べなかったりすると、体はいつエネルギー補給できるのか分からないため、エネルギーを蓄えるために脂肪を溜め込もうとします。従いまして、不規則な食生活をしていると肥満(メタボ)に繋がります。肥満の予防改善に効果がある野菜は…
糖尿病予防効果のある野菜
糖尿病は、一般的に完治しない病気とされています。だからこそ、糖尿病予防は大切なのです。ただ、適度な運動と食生活を改善すれば、糖尿病は予防できます。例えば、糖尿病予防に効果のある野菜は…
がん予防効果のある野菜
体内の活性酸素が増えすぎると、体がサビついてきます。それを防止するには、抗酸化作用のある栄養素を採り入れる必要があります。抗酸化作用のある栄養素を含んだ食材には…