1日の食事(栄養バランス)の目安

1日の食事(栄養バランス)の目安

スポンサード リンク



 

1日の食事(栄養バランス)の目安

健康を維持するために、1日に何をどの程度食べれば良いのか気になる方は多いかと思われますが、その基準をどのように考えれば良いのかは専門家でなければ検討が付かないものです。そこで、目安となる基準として、食品群とよばれる栄養素別にグループ分けしたモノを用いると分かりやすくなります。

 

食品群は、献立を考えやすくするためのモノです。食品群には、厚生省(当時)が定めた「6つの食品群と1日の目安量」など、いくつかの種類がありますが、どれも各々の食品群から最低1品選べば、必要な栄養素をある程度満たすことが出来るようになっています。

 

6つの基礎食品群

【第1群】主にタンパク質となる食品:肉・魚・卵・大豆
・鶏卵・うずら卵・納豆・豆腐・鮭・マグロ・牛肉・豚肉・鶏肉など
【第2群】主にカルシウムとなる食品:牛乳・海草・小魚
・牛乳・ヨーグルト・プロセスチーズ・ししゃも・しらす干し・ひじき・ワカメなど
【第3群】主にカロテンや食物繊維源となる食品:緑黄色野菜
・ホウレン草・春菊・小松菜・水菜・トマト・ピーマン・ブロッコリー・ニンジンなど
【第4群】主にビタミンCや食物繊維源となる食品:淡色野菜・果物
・レタス・キャベツ・きゅうり・大根・リンゴ・ミカン・キウイフルーツ・椎茸・エノキダケなど
【第5群】主に糖質源となる食品:穀類・芋類・砂糖
・白米・食パン・そば・うどん・サツマイモ・ジャガイモ・ハチミツ・黒砂糖・ショートケーキなど
【第6群】主に脂質源となる食品:油脂類・脂肪の多い食品
・サフラワー油・ナタネ油・コーン油・ごま油・オリーブオイル・バター・ピーナッツ・ゴマなど

4つの基礎食品群

【第1群】栄養を完全にする食品:乳・乳製品・卵
【第2群】血や肉をつくる食品:肉・魚介・豆・豆製品
【第3群】身体の調子をよくする食品:野菜・芋・果物
【第4群】力や体温となる食品:穀物・砂糖・油質

食事バランスガイド(摂取基準)

2006年、厚生労働省と農林水産省は、何をどれだけ食べれば良いのかを分かりやすく解説した「食事バランスガイド」を策定しました。このようなガイドは日本以外にもありますが、海外で作られているモノは主に栄養素別に分けられています。ただ、栄養素別では、ひとつひとつの食材に含まれている栄養素を確認し、その栄養素の総量を計算しなければならないため、毎日の献立に活用させるには少々面倒です。その点、日本の食事バランスガイドは、実際の献立を想定した区分分けがなされているため、栄養素別のガイドよりは活用しやすいのではないでしょうか。

 

食事バランスガイドの考え方

食事バランスガイドは、健康な生活をコマの回転で表されています。各パートに過不足があると、上手くコマが回転しないという訳です。見方としては、たとえば最上部の主食は「5〜7つ(SV)」とありますが、これは1日分の主食は5〜7つ食べれば良いということです。なお、「SV(サービング)」とは、食事提供料の単位です。

 

1日の主食の定量の例(単位:SV)

・朝食:おにぎり2個(2SV)
・昼食:うどん1杯(2SV)
・夕食:中盛りご飯1杯(1.5SV)
●合計:5.5SV

スポンサード リンク


 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

食事バランスガイド@

食事バランスガイドA

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサード リンク