【栄養素別】役割・特徴・薬効

【栄養素別】役割・特徴・薬効記事一覧

銅の過不足による症状

こちらでは、銅の特徴などをご紹介しています。銅の必要量(単位:mg/日)年齢(歳)3〜56〜78〜910〜1112〜1415〜17男性推奨量0.40.40.50.60.80.9女性推奨量0.30.40.50.60.70.7男性上限量------------------女性上限量-----------...

≫続きを読む

亜鉛吸収を阻害するモノ

こちらでは、亜鉛の特徴などをご紹介しています。亜鉛の必要量(単位:mg/日)年齢(歳)3〜56〜78〜910〜1112〜1415〜17男性推奨量6678910女性推奨量666777男性上限量------------------女性上限量------------------年齢(歳)18〜2930〜4...

≫続きを読む

鉄分の多い食品

こちらでは、鉄分の特徴などをご紹介しています。鉄の必要量(単位:mg/日)年齢(歳)3〜56〜78〜910〜1112〜1415〜17男性推奨量5.06.59.010.011.510.5女性推奨量5.06.08.59.09.07.5男性上限量253035355045女性上限量253035364540年...

≫続きを読む

塩素を多く含む食品

こちらでは、塩素の特徴などをご紹介しています。塩素の働き塩素は水道水の消毒剤と使われており、水道法で塩素の濃度なども定められています。しかし、体内にもミネラルの一種として存在しており、主に胃液の中に塩酸として含まれており、適切な酸性度を保って存在しています。体内では、タンパク質を消化する酵素としてペ...

≫続きを読む

イオウ不足の症状

こちらでは、イオウの特性などをご紹介しています。イオウの働きイオウは、髪の毛・爪・皮膚などを構成しているケラチンと呼ばれるタンパク質に多く含まれています。あと、骨・軟骨・腱などの硬い組織の成分にもイオウは多く含まれており、それらの強度を維持するために使われています。他には、ビタミンB1やパントテン酸...

≫続きを読む

カリウムを含む食品や働き

こちらでは、カリウムの特徴などをご紹介しています。カリウムの必要量(単位:mg/日)年齢(歳)3〜56〜78〜910〜1112〜1415〜17男性目安量80011001200150019002200女性目安量80010001200140017001600年齢(歳)18〜2930〜4950〜6970以...

≫続きを読む

ナトリウムを含む食品

こちらでは、ナトリウムの特徴などをご紹介しています。ナトリウムの必要量(単位:g/日)年齢(歳)3〜56〜78〜910〜1112〜1415〜17男性上限量56791010女性上限量567888年齢(歳)18〜2930〜4950〜6970以上妊婦付加量授乳婦付加量男性上限量10101010------...

≫続きを読む

マグネシウム摂取の注意点と必要量

こちらでは、マグネシウムの特徴などをご紹介しています。マグネシウムの必要量(単位:mg/日)年齢(歳)3〜56〜78〜910〜1112〜1415〜17男性推奨量100140170210300350女性推奨量100130160210270300年齢(歳)18〜2930〜4950〜6970以上妊婦付加量...

≫続きを読む

リンの1日の必要量

こちらでは、リンの特徴などをご紹介しています。リンの必要量(単位:mg/日)年齢(歳)3〜56〜78〜910〜1112〜1415〜17男性目安量80010001100115013501250女性目安奨量8009001000105011001000男性上限量------------------女性上限...

≫続きを読む

カルシウム1日の必要量

こちらでは、カルシウムの特徴などをご紹介しています。カルシウムの必要量(単位:mg/日)年齢(歳)3〜56〜78〜910〜1112〜1415〜17男性目安量60060070095010001100女性目安量550650800950850850男性上限量------------------女性上限量-...

≫続きを読む

ミネラルの種類と特徴

こちらでは、ミネラルの特徴などをご紹介しています。ミネラルとは人間の体は、95%が4つの元素(酸素・炭素・水素・窒素)で構成されています。ミネラル(無機質)とは残り5%の元素のことで、栄養素として必要不可欠な16種を必須ミネラルと呼んでいます。必須ミネラルには、比較的多い7つの主要ミネラルと僅かしか...

≫続きを読む

ビタミン様物質の種類と特徴

こちらでは、ビタミン様物質の種類や特徴などをご紹介しています。ビタミンとビタミン様物質の違いビタミンの定義ビタミンとは、人間の生理機能に必要不可欠な有機化合物で、必要量を体内で生成することが出来ず、なおかつ必要量がごく僅かな成分の総称です。ただし、人間に対するビタミンは13種類が認められていますが、...

≫続きを読む

パントテン酸を多く含む食品一覧

こちらでは、パントテン酸の特徴などをご紹介しています。パントテン酸の特徴【 化学名・別名 】ビタミンB5【 主な働き 】補酵素として栄養素の分解を促すパントテン酸を多く含む食品@ 鶏レバー(50g):5.05mg(10.10mg)A 豚レバー(50g):3.60mg(7.19mg)B 牛レバー(50...

≫続きを読む

ビオチンを多く含む食品一覧

こちらでは、ビオチンの特徴などをご紹介しています。ビオチンの特徴【 化学名・別名 】ビタミンH【 主な働き 】皮膚と髪の健康を維持するビオチンを多く含む食品@ 牛レバー(50g):37.5μg(75.0μg)A 大豆(乾燥1/5カップ30g):18.0μg(60.0μg)B 卵(1個60g):15....

≫続きを読む

葉酸を多く含む食品一覧

こちらでは、葉酸の特徴などをご紹介しています。葉酸の特徴【 化学名・別名 】プテロイルグルタミン酸酸【 主な働き 】赤血球を作るために役立つ葉酸を多く含む食品@ 鶏レバー(50g):650μg(1300μg)A 牛レバー(50g):500μg(1000μg)B 豚レバー(50g):405μg(810...

≫続きを読む

ナイアシンを多く含む食品一覧

こちらでは、ナイアシンの特徴などをご紹介しています。ナイアシンの特徴【 化学名・別名 】ニコチン酸・ニコチン酸アミド【 主な働き 】様々な栄養素の分解を促すナイアシンを多く含む食品@ マグロ(ビンナガ1切れ80g):16.56mg(20.7mg)A カツオ(春獲り1切れ80g):15.20mg(19...

≫続きを読む

ビタミンKを多く含む食品一覧

こちらでは、ビタミンKの特徴などをご紹介しています。ビタミンKの特徴【 化学名・別名 】フィロキノン【 主な働き 】怪我をしたときなどの止血に役立つビタミンKを多く含む食品@ 納豆(1パック50g):435μg(870μg)A モロヘイヤ(1/2袋50g):320μg(640μg)B カブの葉(1株...

≫続きを読む

ビタミンEを多く含む食品一覧

こちらでは、ビタミンEの特徴などをご紹介しています。ビタミンEの特徴【 化学名・別名 】トコフェロール【 主な働き 】抗酸化作用によって老化防止に役立つビタミンEを多く含む食品@ アーモンド(20粒30g):9.36mg(31.2mg)A ニジマス(中1尾100g):5.80mg(5.8mg)B ヘ...

≫続きを読む

ビタミンDを多く含む食品一覧

こちらでは、ビタミンDの特徴などをご紹介しています。ビタミンDの特徴【 化学名・別名 】カルシフェロール【 主な働き 】カルシウムの吸収を促進する(カッコ内は可食部100g当たり)ビタミンDを多く含む食品@ クロカジキ(1切れ80g):30μg(38μg)A 紅ザケ(1切れ80g):26μg(33μ...

≫続きを読む

ビタミンCを多く含む食品一覧

こちらでは、ビタミンCの特徴などをご紹介しています。ビタミンCの特徴【 化学名・別名 】アスコルビン酸【 主な働き 】免疫力を向上させるビタミンCを多く含む食品@ アセロラジュース(果汁10%1カップ210g):252mg(120mg)A グァバ(1個60g):132mg(220mg)B 柿(中1/...

≫続きを読む

ビタミンB12を多く含む食品一覧

こちらでは、ビタミンB12の特徴などをご紹介しています。ビタミン12の特徴【 化学名・別名 】コバラミン【 主な働き 】葉酸と協力して血液を作るビタミンB12を多く含む食品@ 鶏レバー(50g):70000μg(14000μg)A 豚レバー(50g):6500μg(13000μg)B アンコウ肝(2...

≫続きを読む

ビタミンB6を多く含む食品一覧

こちらでは、ビタミンB6の特徴などをご紹介しています。ビタミンB6の特徴【 化学名・別名 】ビリドキシン【 主な働き 】タンパク質の分解と合成に立つビタミンB6を多く含む食品@ マグロ(ミナミ・赤身1切れ80g):0.89mg(1.80mg)A カツオ(1切れ80g):0.60mg(0.76mg)B...

≫続きを読む

ビタミンB2を多く含む食品一覧

こちらでは、ビタミンB2の特徴などをご紹介しています。ビタミンB2の特徴【 化学名・別名 】リボフラビン【 主な働き 】細胞の新陳代謝を高めるビタミンB2を多く含む食品@ 豚レバー(50g):1.80mg(3.60mg)A 牛レバー(50g):1.50mg(3.00mg)B 鶏レバー(50g):0....

≫続きを読む

ビタミンB1を多く含む食品一覧

こちらでは、ビタミンB1の特徴などをご紹介しています。ビタミンB1の特徴【 化学名・別名 】チアミン【 主な働き 】糖質をエネルギーに変える際に役立つビタミンB1を多く含む食品@ 豚ヒレ肉(80g):0.78mg(0.98mg)A 豚モモ肉(80g):0.75mg(0.94mg)B ウナギ蒲焼き(1...

≫続きを読む

ビタミンAを多く含む食品一覧

こちらでは、ビタミンAの特徴などをご紹介しています。ビタミンAの特徴【 化学名・別名 】レチノール・β-カロテン【 主な働き 】皮膚や粘膜や目の健康維持ビタミンAを多く含む食品@ 鶏レバー(50g):70000μg(14000μg)A 豚レバー(50g):6500μg(13000μg)B アンコウ肝...

≫続きを読む

タンパク質の多い食品

こちらでは、タンパク質の特徴・注意点などをご紹介しています。タンパク質の多い食品@ サンマ(焼き1尾100g):24.90g(24.9g)A スルメイカ(焼き中1/2杯100g):24.10g(24.1g)B うなぎ蒲焼き(1串100g):23.00g(23.0g)C 紅さけ(焼き1切れ80g):2...

≫続きを読む

脂質の摂りすぎを防ぐ方法

こちらでは、脂質の特徴・注意点などをご紹介しています。3大栄養素のひとつである「脂質」は、大きなエネルギーを生み出すことが出来る栄養素ですが、それ以外に細胞膜や血液の材料として重要な働きをしています。なお、「脂質 = 脂肪」というイメージが強く、悪玉コレステロールの代名詞のように思われがちですが、脂...

≫続きを読む

糖質制限ダイエット方法が危険な理由

こちらでは、糖質の特徴・注意点などをご紹介しています。糖質とは、「炭素」「水素」「酸素」の有機化合物で、主に体のエネルギーとして利用されます。糖質は、穀類・イモ類・砂糖などの主成分で果物にも多く含まれている栄養素です。糖質と炭水化物の違い糖質と炭水化物は同じように使わることが多く、ご飯と言えば炭水化...

≫続きを読む