ビタミン様物質の種類と特徴

ビタミン様物質の種類と特徴

スポンサード リンク



 

薬になる野菜

 

 

 

こちらでは、ビタミン様物質の種類や特徴などをご紹介しています。

 

 

 

 

ビタミンとビタミン様物質の違い

ビタミンの定義

ビタミンとは、人間の生理機能に必要不可欠な有機化合物で、必要量を体内で生成することが出来ず、なおかつ必要量がごく僅かな成分の総称です。ただし、人間に対するビタミンは13種類が認められていますが、生物によってビタミンとする種類に違いがあります。例えば、ビタミンCは人間に対してビタミンと認められていますが、多くの生物にとってはビタミンとはみなされていません。なお、多くの哺乳類が体内でビタミンを生成することは出来ないのですが、植物や微生物にはビタミンを体内で生成できる種が存在します。ちなみに、水溶性のビタミンの中で、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ナイアシン・ビオチン・パントテン酸は、ビタミンB群またはB群ビタミンと呼ばれています。

 

人間の13種類のビタミン

●水溶性ビタミン
・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸
・ナイアシン・ビオチン・パントテン酸
●脂溶性ビタミン
・ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK

 

ビタミン様物質の定義

ビタミン様物質(びたみんようぶっしつ)とは、ビタミンと似た働きをしたり、ビタミンの働きを助ける作用がある生理作用を持った有機化合物のことです。新たに発見されるビタミン様物質もありますが、ユビキノン・コリン・ビタミンP・イノシトール・パラアミノ安息香酸・ビタミンU・α-リポ酸・オロット酸・カルニチンなどがある程度の効果を認められています。

 

スポンサード リンク


 

主なビタミン様物質の種類と特徴

ユビキノン(別名:コエンザイムQ10・補酵素Q)

ユビキノンは、レバー・モツ・サバ・アジ・牛乳などに多く含まれており、体内の化学反応に関与していて抗酸化作用があります。1日に必要とされる量は30mgです。

コリン

コリンは、レバー・卵・豆類・豆腐などに多く含まれており、神経組織や神経伝達物質の材料で、記憶力を高め高血圧の予防に役立ちます。1日に必要とされる量は500〜2000mgです。

ビタミンP

ビタミンPは、柑橘類・あんず・そば・サクランボなどに多く含まれており、毛細血管を強くする作用があり、血圧を下げる作用もあるとされています。

イノシトール

イノシトールは、オレンジ・スイカ・メロン・キャベツなどに多く含まれており、細胞膜を構成しているリン脂質の成分で、動脈硬化や肝脂肪の予防効果があります。1日に必要とされる量は500〜2000mgです。

パラアミノ安息香酸

パラアミノ安息香酸(ぱらあみのあんそくこうさん)は、レバー・卵・牛乳・玄米・胚芽パンなどに多く含まれており、葉酸の合成に不可欠な物質で、白髪や皮膚のシワを防ぐ効果があります。

ビタミンU(別名:キャベジン)

ビタミンUは、キャベツ・レタス・セロリ・アスパラガスなどに多く含まれており、胃液の分泌を抑制する作用があり、胃や十二指腸潰瘍の予防効果があります。

α-リポ酸

α-リポ酸は、レバー・酵母・ほうれん草などに多く含まれており、糖質の代謝・ビタミンCなどの抗酸化作用のサポートをする働きがあります。1日に必要とされる量は100〜200mgです。

オロット酸

オロット酸は、根菜類・小麦胚芽・ビール酵母などに多く含まれており、肝機能障害の予防・老化予防などの効果があるとされています。

カルニチン

カルニチンは、羊肉や牛肉などに多く含まれており、脂肪酸の代謝を促す作用・中性脂肪や脂肪酸を
燃焼する作用があります。1日に必要とされる量は300〜500mgです。

 

ビタミンPは、シトリン・ヘスペリジン・ルチン・ケルセチンなどの栄養素の総称です。イノシトールは、ビタミンB群の仲間で脂肪肝の予防効果があるため「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれています。

 

ちなみに、ビタミン様物質は、医薬品として利用されているものもあります。例えば、ユビキノンは、うっ血性心不全の医薬品ユビデカレノンとして用いられており、α-リポ酸は医薬品チオクト酸・チオクト酸アミドの成分として知られています。他には、ビタミンU(キャベジン)は、消化性潰瘍などの治療に用いられたり、市販の胃腸薬にも配合されています。

スポンサード リンク



 

ビタミン様物質の種類と特徴関連ページ

パントテン酸が多い食品
【パントテン酸特集】こちらではパントテン酸について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やパントテン酸を多く含む食品は…
ビオチンを多く含む食品
【ビオチン特集】こちらではビオチンについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビオチンを多く含む食品は…
葉酸を多く含む食品一覧
【葉酸特集】こちらでは葉酸について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量や葉酸を多く含む食品は…
ナイアシンが多い食品
【ナイアシン特集】こちらではナイアシンについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やナイアシンを多く含む食品は…
ビタミンKが多い食品
【ビタミンK特集】こちらではビタミンKについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンKを多く含む食品は…
ビタミンEが多い食品
【ビタミンE特集】こちらではビタミンEについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンEを多く含む食品は…
ビタミンDが多い食品
【ビタミンD特集】こちらではビタミンDについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンDを多く含む食品は…
ビタミンCが多い食品
【ビタミンC特集】こちらではビタミンCについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンCを多く含む食品は…
ビタミンB12が多い食品
【ビタミンB12特集】こちらではビタミンB12について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB12を多く含む食品は…
ビタミンB6が多い食品
【ビタミンB6特集】こちらではビタミンB6について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB6を多く含む食品は…
ビタミンB2が多い食品
【ビタミンB2特集】こちらではビタミンB2について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB2を多く含む食品は…
ビタミンB1が多い食品
【ビタミンB1特集】こちらではビタミンB1について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB1を多く含む食品は…
ビタミンAが多い食品
【ビタミンA特集】こちらではビタミンAについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンAを多く含む食品は…
タンパク質の多い食品
アミノ酸から出来ているタンパク質は、エネルギー源であると同時に、体の組織を作る大切な役目を持っています。タンパク質を多く含む食材は…
脂質の摂りすぎを防ぐ方法
脂質の摂り過ぎを防ぐためには、各々の商材の部品に注目します。例えば、牛肉や豚肉・鶏肉であれば…
糖質制限ダイエットは危険
糖質制限ダイエット方法は危険が潜んでいると言えます。体内の糖質が不足すると、体内のタンパク質や体脂肪が分解され糖質に変わります。ただ、体脂肪が多く分解され過ぎると糖尿病に…