ミネラルの種類と特徴

ミネラルの種類と特徴

スポンサード リンク



 

薬になる野菜

 

 

 

こちらでは、ミネラルの特徴などをご紹介しています。

 

 

 

 

ミネラルとは

人間の体は、95%が4つの元素(酸素・炭素・水素・窒素)で構成されています。ミネラル(無機質)とは残り5%の元素のことで、栄養素として必要不可欠な16種を必須ミネラルと呼んでいます。必須ミネラルには、比較的多い7つの主要ミネラルと僅かしかない9つの微量ミネラルがありますが、ミネラルは体内で生成することが出来ない物質であるため、食品から摂取するしかありません。

 

ミネラルの主な働きは、酵素の成分となり体の化学反応を進めることで、一部のミネラルは体の材料になります。例えば、カルシウム→骨・ヨウ素→ホルモン・鉄→赤血球などです。

 

下記以外にも微量のミネラルが体内にはありますが、ゲルマニウムなどは体を活性化させる作用が期待されているため、ゲルマニウムを含んだブレスレットや入浴剤などが販売されています。ただ、ゲルマニウムが体を元気にする科学的根拠は確認されていません。なお、体内の総ミネラル量を100とした場合の各ミネラルの割合は下記の通りです。

体内のミネラルの割合

@カルシウム:50.8%
Aリン:29.4%
Bカリウム:6.7%
Cイオウ:5.1%
D塩素:3.7%
Eナトリウム:2.9%
Fマグネシウム:1.1%
G微量ミネラル:0.3%

 

スポンサード リンク


 

必須ミネラルの種類と特徴(16種)

主要ミネラル(7種)

@カルシウム
骨や歯の重要な構成物質です。細胞間の情報伝達にも欠かせない物質で、神経の興奮を抑える作用もあります。カルシウムが不足した場合、骨粗鬆症・高血圧・イライラなどを引き起こします。
Aリン
カルシウムやマグネシウムと結合して骨や歯を形成します。リン脂質や核酸の構成物質となり、糖質の代謝を助ける作用もあります。リンが過剰になった場合、骨のカルシウムが減少したり腎機能が低下する可能性があります。
Bカリウム
ナトリウムと共に、細胞外液の浸透圧を調整し細胞の働きを正常に保たせる働きを持っており、心臓や筋肉機能を調整する働きもあります。カリウムが不足した場合、血圧が上昇し心臓病や脳血管障害になる危険性が高くなります。
Cイオウ
タンパク質に含まれており、皮膚・髪の毛・爪を作るのに必要な物質で、酵素を活性化させる働きもあり、ビタミンB群と共にエネルギー代謝のサポートをする働きもあります。イオウが不足した場合、皮膚や髪の毛のトラブルの他に、関節痛などになる場合もあります。
D塩素
胃液に含まれており胃酸の成分となります。肝臓機能や老廃物排除のサポートをする働きの他に、食べ物の殺菌作用もあります。塩素が不足した場合、消化力が低下や食欲不振になる場合があります。
Eナトリウム
カリウムと共に、細胞外液の浸透圧の調整・細胞の物質交換をしたり、体液をアルカリ性に保つようサポートしたり、筋肉や神経の興奮を抑制する働きもあります。慢性的に過剰な状態になると高血圧になる可能性があり、胃ガンの一因になるともいわれています。
Fマグネシウム
骨を構成する成分のひとつで、酵素の活性化・筋肉の興奮を高める作用・神経の興奮を抑制する作用などがあり、心臓病を予防し代謝をスムーズにする働きもあります。マグネシウムが不足した場合、動悸・不整脈・心臓病・イライラなどに繋がります。

微量ミネラル(9種)

@鉄
鉄は、赤血球のヘモグロビンの材料となります。。鉄が不足した場合、鉄欠乏性貧血・疲労感・倦怠感・めまいなどを引き起こします。
A亜鉛
様々な酵素の材料であり、細胞や組織の代謝に欠かせない物質です。亜鉛が不足した場合、味覚異常・傷の回復遅延・男性の性機能低下などを引き起こします。
B銅
ヘモグロビン合成に関わっており、腸管からの鉄の吸収をサポートする働きがあります。銅が不足した場合、貧血・白髪になる可能性があり、血管や骨が弱くなることもあります。
Cヨウ素
基礎代謝を促進させる作用があり、成長や代謝を促す甲状腺ホルモンの材料として欠かせない物質です。ヨウ素が不足した場合、甲状腺肥大や機能低下の危険性があります。
Dセレン
過酸化脂質を分解する酵素の材料として必要な物質で、抗酸化作用があります。セレンが過剰な場合、吐き気・シビレ・頭痛が起こり、セレンが不足している場合は心臓障害などを引き起こす可能性があります。
Eマンガン
抗酸化力のある酵素の材料で、骨の石灰化(骨にカルシウムが沈着すること)にも必要な物質です。なお、糖質や脂質の代謝にも関わっています。マンガンが不足した場合、骨の成長障害などを引き起こします。
Fモリブデン
尿酸の代謝に関わっている酵素の働きをサポートし、鉄の利用を高めるなど造血に必要な物質です。モリブデンが過剰になった場合、尿酸値の上昇などを引き起こし、モリブデンが不足した場合は貧血などを引き起こします。
Gクロム
糖質や脂質の代謝に関わっており、血糖値を調整するインスリンの働きをサポートする働きがあります。クロムが不足した場合、糖質や脂質の代謝障害を引き起こします。

Hコバルト
ビタミンB12の構成成分であり造血に必要な物質で、神経機能を正常にする働きがあります。コバルトが不足した場合、悪性貧血や神経障害を引き起こす可能性があります。

 

ミネラルの過不足による症状

ミネラルの過不足は、ミネラルによっては上記の通り過剰症や欠乏症を引き起こす可能性があります。なお、ナトリウムの過剰摂取が高血圧症であるなど、生活習慣病とも密接に関係しています。

 

スポンサード リンク



 

ミネラルの種類と特徴関連ページ

ビタミン様物質について
【ビタミン様物質特集】こちらでは、ビタミン様物質の種類や特徴をご紹介しております。まず、ビタミンとビタミン様物質の違いですが…
パントテン酸が多い食品
【パントテン酸特集】こちらではパントテン酸について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やパントテン酸を多く含む食品は…
ビオチンを多く含む食品
【ビオチン特集】こちらではビオチンについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビオチンを多く含む食品は…
葉酸を多く含む食品一覧
【葉酸特集】こちらでは葉酸について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量や葉酸を多く含む食品は…
ナイアシンが多い食品
【ナイアシン特集】こちらではナイアシンについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やナイアシンを多く含む食品は…
ビタミンKが多い食品
【ビタミンK特集】こちらではビタミンKについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンKを多く含む食品は…
ビタミンEが多い食品
【ビタミンE特集】こちらではビタミンEについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンEを多く含む食品は…
ビタミンDが多い食品
【ビタミンD特集】こちらではビタミンDについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンDを多く含む食品は…
ビタミンCが多い食品
【ビタミンC特集】こちらではビタミンCについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンCを多く含む食品は…
ビタミンB12が多い食品
【ビタミンB12特集】こちらではビタミンB12について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB12を多く含む食品は…
ビタミンB6が多い食品
【ビタミンB6特集】こちらではビタミンB6について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB6を多く含む食品は…
ビタミンB2が多い食品
【ビタミンB2特集】こちらではビタミンB2について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB2を多く含む食品は…
ビタミンB1が多い食品
【ビタミンB1特集】こちらではビタミンB1について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB1を多く含む食品は…
ビタミンAが多い食品
【ビタミンA特集】こちらではビタミンAについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンAを多く含む食品は…
タンパク質の多い食品
アミノ酸から出来ているタンパク質は、エネルギー源であると同時に、体の組織を作る大切な役目を持っています。タンパク質を多く含む食材は…
脂質の摂りすぎを防ぐ方法
脂質の摂り過ぎを防ぐためには、各々の商材の部品に注目します。例えば、牛肉や豚肉・鶏肉であれば…
糖質制限ダイエットは危険
糖質制限ダイエット方法は危険が潜んでいると言えます。体内の糖質が不足すると、体内のタンパク質や体脂肪が分解され糖質に変わります。ただ、体脂肪が多く分解され過ぎると糖尿病に…