亜鉛吸収を阻害するモノ

亜鉛吸収を阻害するモノ

スポンサード リンク



 

薬になる野菜

 

 

 

こちらでは、亜鉛の特徴などをご紹介しています。

 

 

 

亜鉛の必要量(単位:mg/日)

年齢(歳)3〜56〜78〜910〜1112〜1415〜17
男性推奨量6678910
女性推奨量666777
男性上限量------------------
女性上限量------------------
年齢(歳)18〜2930〜4950〜6970以上妊婦付加量授乳婦付加量
男性推奨量9998------
女性推奨量7777+3+3
男性上限量30303030------
女性上限量30303030------

亜鉛を多く含む食品

@ 牡蠣(小2個70g):9.24mg(13.2mg)
A 牛肉(肩・赤身80g):4.56mg(5.7mg)
B ラム肉(肩80g):4.00mg(5.0mg)
C 豚レバー(50g):3.45mg(6.9mg)
D アワビ水煮缶(1/6缶30g):3.12mg(10.4mg)
E どじょう(5尾40g):2.24mg(5.6mg)
F コンビーフ缶詰(小1/2缶50g):2.05mg(4.1mg)
G イワシ丸干し(中2尾40g):1.76mg(4.4mg)
(カッコ内は可食部100g当たり)

 

スポンサード リンク


 

亜鉛の働き

亜鉛は、主に骨・肝臓・腎臓・筋肉などに存在していますが、体内の亜鉛含有量は2gほどです。体内で絶え間なく起きている化学反応を仲介する酵素は300種以上あるのですが、亜鉛はそれらに不可欠な物質で、亜鉛の働きは広範囲に及びます。例えば、免疫反応に関わる酵素の合成成分であったり、タンパク質やDNAの合成や糖質の代謝などに関わっています。亜鉛は味覚にも関わっており、舌に3千個ほどある味蕾(みらい)と呼ばれる味細胞の形成にも関わっています。他には、血糖値を調整するインスリンの構成成分でもあり、精子尾部の形成に不可欠な成分でもあります。なお、亜鉛は有害物質を分解する酵素の構成成分でもあります。

亜鉛の過不足による症状

体の各細胞が新しく生まれ変わるとき、亜鉛はDNAの合成に関わっているため、亜鉛が不足すると細胞の入れ替わりが激しい髪の毛・皮膚・爪などの健康が損なわれ、子供の場合は成長障害を引き起こす可能性があります。なお、舌の味細胞の働きも悪くなるため、味覚障害のリスクが高まります。従いまして、亜鉛が不足した場合、皮膚炎・胃腸障害・味覚障害・免疫機能低下・成長障害などになる可能性が高くなり、男性の場合は精子数が減少する性機能障害、女性では生理不順などの症状が引き起こされる可能性もあります。なお、普通の食生活を送り偏った食事をしていない限り、亜鉛で過剰症を起こす可能性は非常に低いのですが、亜鉛を過剰摂取してしまった場合、急性中毒を引き起こす可能性があります。

亜鉛を効率よく摂るには

アルコールを飲んだとき、代謝に関わる酵素が亜鉛を吸収してしまうため、アルコールをよく飲む人は積極的に亜鉛を摂取する必要があります。亜鉛を多く含む食品は上記で紹介しましたが、大豆などに含まれている植物性タンパク質は亜鉛の吸収率を高めるため、一緒に摂るのがお勧めです。ただ、食物繊維や加工食品に添加されているポリリン酸は、亜鉛の吸収を阻害します。ちなみに、インスタント食品にも亜鉛の吸収を阻害する添加物が多く使われているため注意が必要です。

 

亜鉛は過不足による問題が起きにくい栄養素とされてはいますが、偏った食生活や極端なダイエットなどで、亜鉛不足となる人が増加する傾向にあるため、身に覚えがある場合は亜鉛の摂取を気にした食生活を送る必要があります。

 

スポンサード リンク



 

亜鉛吸収を阻害するモノ関連ページ

鉄分の多い食品
【鉄分特集】こちらでは鉄分について解説しています。例えば、1日の必要量や鉄分を多く含む野菜は…
塩素を多く含む食品
【塩素特集】こちらでは塩素について解説しています。例えば、1日の必要量や塩素を多く含む野菜は…
イオウ不足の症状
【イオウ特集】こちらではイオウについて解説しています。例えば、1日の必要量やイオウを多く含む野菜は…
カリウムが多い食品
【カリウム特集】こちらではカリウムについて解説しています。例えば、1日の必要量やカリウムを多く含む野菜は…
ナトリウムが多い食品
【ナトリウム特集】こちらではナトリウムについて解説しています。例えば、1日の必要量やナトリウムを多く含む野菜は…
マグネシウム摂取の注意点
【マグネシウム特集】こちらではマグネシウムについて解説しています。例えば、1日の必要量やマグネシウムを多く含む野菜は…
リンの1日の必要量
【リン特集】こちらではリンについて解説しています。例えば、1日の必要量やリンを多く含む野菜は…
カルシウム1日の必要量
【カルシウム特集】こちらではカルシウムについて解説しています。例えば、1日の必要量やカルシウムを多く含む野菜は…
ミネラルの種類と特徴
【ミネラル特集】こちらではミネラルについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やミネラルを多く含む食品は…
ビタミン様物質について
【ビタミン様物質特集】こちらでは、ビタミン様物質の種類や特徴をご紹介しております。まず、ビタミンとビタミン様物質の違いですが…
パントテン酸が多い食品
【パントテン酸特集】こちらではパントテン酸について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やパントテン酸を多く含む食品は…
ビオチンを多く含む食品
【ビオチン特集】こちらではビオチンについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビオチンを多く含む食品は…
葉酸を多く含む食品一覧
【葉酸特集】こちらでは葉酸について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量や葉酸を多く含む食品は…
ナイアシンが多い食品
【ナイアシン特集】こちらではナイアシンについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やナイアシンを多く含む食品は…
ビタミンKが多い食品
【ビタミンK特集】こちらではビタミンKについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンKを多く含む食品は…
ビタミンEが多い食品
【ビタミンE特集】こちらではビタミンEについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンEを多く含む食品は…
ビタミンDが多い食品
【ビタミンD特集】こちらではビタミンDについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンDを多く含む食品は…
ビタミンCが多い食品
【ビタミンC特集】こちらではビタミンCについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンCを多く含む食品は…
ビタミンB12が多い食品
【ビタミンB12特集】こちらではビタミンB12について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB12を多く含む食品は…
ビタミンB6が多い食品
【ビタミンB6特集】こちらではビタミンB6について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB6を多く含む食品は…
ビタミンB2が多い食品
【ビタミンB2特集】こちらではビタミンB2について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB2を多く含む食品は…
ビタミンB1が多い食品
【ビタミンB1特集】こちらではビタミンB1について解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンB1を多く含む食品は…
ビタミンAが多い食品
【ビタミンA特集】こちらではビタミンAについて解説しています。例えば、1日に必要な摂取量やビタミンAを多く含む食品は…
タンパク質の多い食品
アミノ酸から出来ているタンパク質は、エネルギー源であると同時に、体の組織を作る大切な役目を持っています。タンパク質を多く含む食材は…
脂質の摂りすぎを防ぐ方法
脂質の摂り過ぎを防ぐためには、各々の商材の部品に注目します。例えば、牛肉や豚肉・鶏肉であれば…
糖質制限ダイエットは危険
糖質制限ダイエット方法は危険が潜んでいると言えます。体内の糖質が不足すると、体内のタンパク質や体脂肪が分解され糖質に変わります。ただ、体脂肪が多く分解され過ぎると糖尿病に…