【食材別】 薬になる食材

薬になる食材

スポンサード リンク




食材に含まれている栄養素には、病気を予防・改善するパワーが備わっています。その効果を知ることによって、自分や家族に合った献立を作ることができ、病院のお世話になることなく健康な毎日を送ることが出来るようになります。そのためにも、献立は様々な食材をバランス良く取りいれるようにして下さい。当カテゴリでは、様々な野菜の効能をご紹介していますので、参考にして頂ければ幸いです。ちなみに、当カテゴリ内でご紹介している食材は下記の通りです。

◆野菜
アスパラガス・枝豆(えだまめ)・カブ(蕪)・カボチャ(南瓜)・キノコ・キャベツ・きゅうり(胡瓜)・ごぼう・小松菜(こまつな)・サツマイモ・サトイモ(里芋)・しそ・ジャガイモ・春菊(しゅんぎく)・生姜(しょうが)・セロリ・ダイコン(大根)・タケノコ(竹の子)・タマネギ(玉葱)・チンゲンサイ(青梗菜)・とうがらし(唐辛子)・トウモロコシ(玉蜀黍)・トマト・ナス(茄子)・ニラ(韮)・ニンジン(人参)・ニンニク(大蒜)・ネギ(葱)・白菜(はくさい)・パセリ・ピーマン・ブロッコリー・ほうれん草・ヤマイモ(山芋)・レタス・レンコン(蓮根)

 

◆穀物
あずき(小豆)・銀杏(ぎんなん)・クルミ(胡桃)・ごま(胡麻)・小麦(パン)・米・そば(蕎麦)・大豆・ピーナッツ(落花生)

 

◆果物
アボガド・イチゴ(苺)・イチジク(無花果)・柿(カキ)・キウイフルーツ・グレープフルーツ・スイカ(西瓜)・すもも・ナシ(梨)・パイナップル・バナナ・パパイヤ・ブドウ(葡萄)・ブルーベリー・ミカン・メロン・桃・リンゴ(林檎)・レモン(檸檬)

 

◆魚介類
アサリ(浅蜊)・アジ(鯵)・アナゴ(穴子)・イカ(烏賊)・イワシ(鰯)・ウナギ(鰻)・ウニ(雲丹)・エビ・カキ(牡蠣)・カツオ(鰹)・カニ(蟹)・カレイ(鰈)・サケ(鮭)・サバ(鯖)・サンマ(秋刀魚)・シジミ(蜆)・タイ(鯛)・タコ(蛸)・タラ(鱈)・ドジョウ(泥鰌)・ヒラメ(平目・鮃・比目魚)・ブリ(鰤)・マグロ(鮪)

 

◆その他
梅干し(うめぼし)・牛乳・鶏卵・ココア・砂糖・塩・醤油(しょうゆ)・植物油・酢・豆腐(とうふ)・納豆(なっとう)・肉類・ハチミツ(蜂蜜)・味噌・ヨーグルト・らっきょう・緑茶

スポンサード リンク



 

 

 

 

 

【食材別】 薬になる食材記事一覧

薬になるその他の食材

こちらでは、色々な食材の栄養素や薬効をご紹介しています。梅干し(うめぼし)梅干しに含まれているクエン酸・リンゴ酸・コハク酸などの有機酸の作用によって、梅干しには強力な殺菌作用・防腐作用があるため、老廃物や毒物の解毒・下痢や腹痛時に有効です。特に、クエン酸は疲労物質である乳酸を分解するため、疲労回復を...

≫続きを読む

薬になる魚介類

こちらでは、色々な魚介類の栄養素や薬効をご紹介しています。アサリ(浅蜊)アサリは、ビタミンB12や鉄分を非常に多く含んでいるため、貧血予防に最適な貝で、生命のエネルギー源といえるグリコーゲンも多量に含まれています。あと、タウリンも豊富なため、血液をサラサラにする効果や肝機能を強化する効果も期待できま...

≫続きを読む

薬になる果物

こちらでは、色々な果物の栄養素や薬効をご紹介しています。アボガドアボガドの約20%は脂質で「森のバター」と呼ばれるほどで、その脂質のほとんどが不飽和脂肪酸であるため、コレステロール値を下げる作用があります。なお、ビタミン類も豊富に含まれており、肌のかさつきを防ぎ、髪の毛にツヤを出す成分も含まれていま...

≫続きを読む

薬になる穀物

こちらでは、色々な穀物の栄養素や薬効をご紹介しています。あずき(小豆)あずきは他の豆類と比べた場合、脂肪分が少なくビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。なお、あずきに含まれているサポニン(ポリフェノールの一種)には、体内の水分を調整する働きがあるため、むくみがあると強力な利尿作用を発揮...

≫続きを読む

薬になる野菜

こちらでは、色々な野菜の栄養素や薬効をご紹介しています。アスパラガス太陽の光をたっぷり浴びて育ったグリーンアスパラガスには、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・食物繊維・ビタミンCの吸収を助けるルチンが豊富に含まれています。そのため、血管強化のサポートし老化防止や高血圧の予防・改善に有効です。枝...

≫続きを読む