薬になるその他の食材

薬になるその他の食材

スポンサード リンク



 

薬になる野菜

 

 

 

こちらでは、色々な食材の栄養素や薬効をご紹介しています。

 

 

 

 

梅干し(うめぼし)

梅干し(うめぼし)

梅干しに含まれているクエン酸・リンゴ酸・コハク酸などの有機酸の作用によって、梅干しには強力な殺菌作用・防腐作用があるため、老廃物や毒物の解毒・下痢や腹痛時に有効です。特に、クエン酸は疲労物質である乳酸を分解するため、疲労回復を早める作用があります。

牛乳

牛乳

牛乳は、カルシウム・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・鉄分・マグネシウム・マンガン・リンなどが豊富に含まれており、カルシウムの体内吸収率が非常に高ため、成長期の子供や病人に最適な栄養食と言えます。ただ、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる人が少なくありません。そのような人はチーズがお勧めです。チーズは牛乳に酵素を加えて固めたモノで、牛乳の栄養素が凝縮されており、牛乳より消化吸収が良い食品です。

鶏卵

鶏卵

鶏卵には食品の中でも抜群に栄養価が高い最優秀のタンパク質を含んでおり、そのタンパク質には高い抗菌作用を発揮する成分が含まれています。鶏卵の卵黄に含まれているリン脂質は、脳細胞や神経細胞の成分で、知能・記憶力などの工場や老化予防には不可欠といえるモノです。ちなみに、卵100gに含まれる栄養成分は、タンパク質:12.3g・カルシウム:51mg・鉄:1.8mg・ビタミンA(レチノール相当量):150mg・ビタミンB1:0.06mg・ビタミンB2:0.43mgで、エネルギーは151kcalです。

ココア

ココア

ココアはカカオを原料として作られており、ポリフェノールが多量に含まれています。ポリフェノールは、活性酸素の働きを抑制し、コレステロール値を下げる作用があるため、ガン予防や動脈硬化予防の効果が期待できます。他には、ビタミン類・鉄分・マグネシウムんどのミネラルも豊富に含まれているため、整腸作用を促進して余分なコレステロールや脂肪などを排泄する作用があります。

砂糖

砂糖

白砂糖には糖分以外に有効な栄養素はほとんどありませんが、黒砂糖にはビタミンB1・ビタミンB2・カリウム・鉄・亜鉛などが豊富に含まれており、カルシウムは白砂糖の150倍も含まれています。そのため、体のエネルギー源でもあり骨や歯の強化に有効です。

塩

塩分の摂り過ぎは体に良くありませんが、塩分には体を温める効果・気力体力を高める効果などがあり、健康を保つ上で非常に重要な栄養素です。

スポンサード リンク


醤油(しょうゆ)

醤油(しょうゆ)

醤油は、小麦・大豆・塩・水・麹菌を混ぜ発酵させて作られており、醤油に含まれているアミノ酸や香りの成分には、高い健康効果があることが分かっています。

植物油

植物油

オリーブ油は、古代エジプト時代から薬として使われており、若返り・動脈硬化予防・血栓病に有効です。大豆油・菜種油・ごま油にはリノール酸が多く含まれているため、動脈硬化予防の効果を期待できます。特に、ごま油にはコレステロール値を下げる成分が多く、動脈硬化予防の作用はより強力です。紅花油(サフラワー油)は、リノール酸が非常に多く含まれています。

酢

酢は、有機酸(酢酸やクエン酸など)の作用によって、食欲増進作用や疲労物質である乳酸を分解し疲労回復の効果をもたらし、さらに殺菌作用もあります。他には、肥満防止・脂肪肝防止・生活習慣病予防にも効果を期待できます。

豆腐(とうふ)

豆腐(とうふ)

大豆は繊維質が多いため消化吸収されにくい食材ですが、大豆を豆腐に加工すると、消化吸収率はほぼ100%になります。従いまして、豆腐は、大豆の栄養素をほぼ完全に吸収することが出来る優れた植物性タンパク質を含んだ食品と言えます。大豆には、リノール酸・リノレン酸・大豆レシチンが含まれており、コレステロール抑制・抗脂血症予防・認知症予防などに有効です。あと、イソフラボン・カルシウム・ビタミンEも含まれているため、更年期障害・骨粗鬆症・骨を丈夫にする・血行促進などの効果も期待できます。他に、気力を高める・血液浄化・発熱抑制などの作用もあります。

納豆(なっとう)

納豆(なっとう)

納豆に含まれている納豆菌は、腸内の悪玉菌や病原菌を殺して、下痢・便秘の解消効果のほか発がん物質の発生まで抑える効果があります。他には、ナットウキナーゼの作用によって、生活習慣病の予防にも有効です。納豆には様々な消化酵素が含まれているため、大豆とは違って非常に消化率が高い食品で、ビタミンB2・ビタミンB6は大豆より豊富に含まれています。ちなみに、大豆1パック(約100g)を食べると、約1000億個もの納豆菌が腸に入ることになります。

肉類

肉類

肉類には必須アミノ酸が含まれているため、脳内物質のドーパミンやセロトニンなどを作るためには欠かせない成分です。牛肉は、ビタミンB2や鉄分が非常に多く含まれており、体を温め病気や体力の回復に効果があります。豚肉は、ビタミンB1を多く含んでいるため、糖質のエネルギー代謝を補助し、イライラ感を鎮めたり夏バテ予防や体力の回復が期待できます。鶏肉には、ビタミンAが牛肉や豚肉の10倍ほど含まれています。鶏肉のささみは、脂肪分が少なく高タンパク・低カロリーであるため、ボディビルダーやダイエット中の人がよく食べています。逆に、モモ肉や胸肉の皮は高カロリーです。

ハチミツ(蜂蜜)

ハチミツ(蜂蜜)

ハチミツには解熱作用・鎮静作用・入眠作用・整腸効果があり、腸の免疫細胞を活性化させるためガン予防の効果も期待できます。

味噌

味噌

味噌は、大豆・麹菌・塩を合わせて発酵させた食材で、大豆のタンパク質が吸収しやすいアミノ酸に変化しており、強精効果・強壮効果・健脳効果などに有効です。なお、お米には含まれていない必須アミノ酸を含んでいるため、ご飯とお味噌汁を食卓に出すと栄養的に優れた献立となります。

ヨーグルト

ヨーグルト

ヨーグルトは牛乳と同じ栄養素を含んでおり、乳酸菌によってタンパク質や脂肪が分解されているため、消化吸収されやすい食品です。ヨーグルトの乳酸菌は、腸内のビフィズス菌を殖やして整腸作用や免疫作用に働きかけるためガン抑制の効果があります。なお、血中コレステロール値・血圧を下げる効果も期待できます。

らっきょう

らっきょう

らっきょうには、冠動脈(心臓の筋肉に栄養を送る血管)を拡張したり、血栓を溶かして心筋梗塞を予防する効果があります。他には、硫化アリルの作用によって、コリや痛みを改善する作用もあります。

緑茶

緑茶

緑茶に含まれているカテキンには、血中コレステロール値や中性脂肪値を下げる作用や、殺菌・抗毒作用もあります。なお、活性酸素を取り除く作用も強いため、あらゆる病気の予防効果が期待できます。なお、緑茶にはビタミンCも多く含まれているため、風邪の予防や美肌効果もあります。あと、カフェインは覚醒作用や利尿作用があり、ストレス解消に有効です。

スポンサード リンク



 

 

薬になるその他の食材関連ページ

薬になる魚介類
こちらでは魚や貝など魚介類の栄養素と各々の薬効をご紹介しています。例えば、アサリの栄養素が体に与える効果は…
薬になる果物
果物には様々な栄養素があり、それらが発揮する薬効は病気を予防・改善するパワーをもっています。例えば…
薬になる穀物
米などの穀物の栄養素と各々の薬効をご紹介しています。例えば、米の栄養素が体に与える効果は…
薬になる野菜
野菜はヘルシーなだけでなく、様々な栄養素を含んでいるため、健康な体を維持するには欠かせない食材です。その薬効は素晴らしく、例えば…